【無印良品】人気のシリコンスプーンもAmazon(アマゾン)で購入できる

子育て中のママパパは、気軽に店舗に買い物に行くのが難しいときもあります。
お家でゆっくりコーヒーを味わいながらネットショップを楽しむことも多いです。

ネットショップでサイトを観ていても楽しいのが無印良品です。
オリジナルの食品・洋服・雑貨・家具や文房具まで幅広い商品が掲載されています。

無印良品の商品は、お手頃価格で注文しやすいのですが送料が気になることがありました。

そんな中、うれしいことにネットショップでよく使うamazonのサイトで無印良品の取り扱いスタートしました。

無印良品のキッチングッズとして人気で品薄になることもあるシリコン調理スプーンも注文可能になりました。

 

 

スポンサーリンク

amazon『無印良品』公式ページ

amazonの『無印良品』公式ページで取り扱っている商品は、暮らしの必需品である日用品や収納用品からスタートしています。

無印良品には7,000以上もの商品がありますが、amazonサイトで購入できるものはまだ一部に過ぎませんが、段階的に取り扱い商品が追加されていきますので益々便利になりそうです。

amazonサイトで購入する際の最大のメリットは、送料にあります。
amazon『無印良品』公式

 

無印良品ネットストアの送料について

無印良品ネットストアでの小物商品の基本送料は500円になります。

注文商品の合計が5,000円以上の場合は、送料無料になります。

しかし、大型商品や個別商品によっては送料の条件が異なるため少々複雑になります。

amazon『無印良品』公式サイトの送料について

amazonのサイトでの基本送料は410円になります。

注文商品の合計が2,000円以上の場合は、送料無料になります。
(無印良品以外の商品を同時に注文した場合でもOKです)

一部のメール便対象商品では、 100円の送料が適用されます。
購入する商品の組み合わせによっては、追加で100円の配送料がかかる場合があります。

ただし、なんといってもamazonにはプライム会員通常配送無料があります。

amazonプライム会員であれば、無印良品もamazonサイトで購入すればたった1点でも送料無料になります。

 

amazonプライム会員には、通常配送無料の他にもたいへん多くのメリットがあります。

amazonプライム会員特典
配送特典
Prime Video
Prime Music
Amazon Photos
Prime Reading
会員限定先行タイムセール
バーチャルダッシュ
Amazonファミリー
Amazonフレッシュ(地域限定)
プライム・ワードローブ
Twitch Prime
Amazon Music Unlimited
Prime Pets
Amazon Mastercard

プライム会員の料金体系は、2種類あります。
月間プラン:1ヶ月 500円
年間プラン:年間 4900円 (1ヶ月換算 409円)

この料金でこの特典の数はお得過ぎです。

しかも、30日間は無料でお試しができるので、amazonプライムが気になる人はお試しに1ヵ月だけ入ってみてください。

 

【無印良品】シリコン調理スプーン

無印良品調理シリコンスプーン

シリコン調理スプーンは、無印良品のキッチングッズとして人気があり店頭でも品薄になることもある商品です。

かなりの料理で、活躍してくれる優れものの1本になります。
木べらのように炒めものを混ぜることも、ゴムべらのようにかき集めることも、おたまのようにすくうこともできるという、優れものツールです。

子どもたちが大好きなカレーを作るときなどは、このシリコン調理スプーンが最高です。
具材をいためる、あくをすくう、カレーをもるとまさしくこの1本のみで調理できます。

しかも、シリコン製ですのでカレーが少なくなった際も綺麗にすくうことができるのもうれしいです。

耐熱温度も250℃あり簡単には溶けることもないです。

食洗器にも対応しているのも良いです。

 

今回のamazonの『無印良品』スタートで、amazonプライム会員の方は、590円のこのシリコン調理スプーン1本のみの注文でも送料無料で購入できます。

amazon『無印良品』公式

 

スポンサーリンク

まとめ

ネットショップで多く利用することが多いamazonサイトにて無印良品の取り扱いスタート。

amazonプライム会員なら商品1つから通常配送無料で注文が可能です。

無印良品の店舗でも人気のシリコン調理スプーンは、混ぜるあつめるすくうと1本ですごく便利な優れものです。

無印良品がamazonでの取り扱いスタートしましたので、amazonプライムと無印良品を利用してみましょう。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事