保育園バック【ノースフェイスリュック】長く使え一択で間違いなし!

子どもたちの保育園・幼稚園への入園が決まると準備するものがたくさんあります。

着替えの洋服セット・フェイスタオル・ハンドタオル・バスタオルなどなどありますが、細かい準備リストは入園する園によって違ってくると思います。

共通して必要になるものは、たくさんの準備したものを入れて登園時に持たせるバックやリュックです。

2歳からは、子どもが自分で背負えるリュックタイプの保育園バックがおすすめ。

保育園では、2歳から5歳まで4年間毎日使用することになりますので、丈夫で長持ちするアウトドアメーカーのリュックが良いです。
特に、ノースフェイス スモールデイがデザインも可愛く、機能面も子どもたちが使いやすいおすすめ保育園バックです。

スポンサーリンク

保育園バックを選ぶポイント

ヨチヨチキッズ

0歳~1歳のヨチヨチキッズの子どもたちは、歩くことが楽しくなってくる頃です。
歩くことに夢中で、まだ自分たちでバックを持ったり運んだりすることは難しいです。

保育園に預ける荷物も、着替える回数も多く、着替え用の洋服・オムツの量が非常に多くなります。

先生たちが、バックから荷物を取り出しやすいように取口が大きく開くトートタイプが良く、チャック付きの大きめのエコバックがおすすめになります。

おすすめなエコバック チャック付き

2歳から5歳キッズ

 

ノースフェイススモールデイ

2歳くらいからは、子どもたちも自我がでてきて自分でバックを持ちたがります。

トートタイプのバックですと、取ってが長く底をひきづりながら運んだりします。
2歳になると歩きもしっかりしてきますので、リュックを背負わせてもバランス良く歩くことができてきます。

この年齢からの保育園バックは、リュックタイプを選びたいです。

リュック選びのポイント
・子どもたちが荒く扱うことも多いですので丈夫であること
・取り出し口のチャックが持ちやすく自分で開け閉めできるもの
・背負い心地が良い背中部分がクッションで保護されているもの

アウトドアメーカーのノースフェイス スモールデイが、リュック選びポイントにピッタリなおすすめのリュックです。

ノースフェイス スモールデイ

ノースフェイス スモールデイは、アウトドアメーカーのTHE NORTH FACE(ノースフェイス)がキッズラインで扱っている商品です。
年度毎に可愛らしい新しいデザインが販売されています。

リュックのサイズは、37cm×29cm×18cmになり中に荷物を詰めることができる容量は15Lになります。
保育園用リュックとしては、ちょうど良い大きさで着替え・タオル・オムツなどは、十分に入れられるサイズ感です。
バスタオルなど大きめの荷物がある日は、別の手提げが必要になることもあります。

THE NORTH FACE(ノースフェイス)は、アウトドアメーカーでアウトドアからタウンユースまで機能面・デザイン面で人気もあり、スモールデイは、キッズ用でありながらもしっかりとアウトドアの用途にも使える高い強度の素材で作られています。

しかも、強度のある素材ながら、リュック全体の重量は、395gとまだまだ小さな子どもたちも背負いやすい重量になっています。

未就学児から小学生まで対応する機能的なアウトドア用デイパック(リュック)です。
強度の高い素材を使用しながら軽量に仕上げ、フィット感の良いショルダーハーネスを装備。
フロントにはジッパー付きセカンドコンパートメントを配備。
ウエストベルトはパックのサイドに収納することができ、アウトドア用途と日常使いで仕様を変えることが可能です。
セーフティーバックルを使用したチェストストラップやリフレクターなど、安全性にも配慮した仕様になっています。

THE NORTH FACE

 

機能面も子どもたちが、扱いやすいようにしっかりと工夫されているのもおすすめです。

 

ノースフェイス スモールデイ

メインと前ポケットのファスナーには、ひもがついているので小さなファスナーではなくひもを持って開け閉めができるようになっています。
ひもを持っての開け閉めでも途中でファスナーが引っかかったりすることなく、子どもたちでもとてもスムーズ開け閉めできます。

 

ノースフェイス スモールデイ

内側には、メッシュの内ポケットがあり保育園のお便り帳や連絡時のお手紙を入れられます。
メッシュになっていますので、子どもたちが作った折り紙や紙切れなどが入っていてもしっかり見れますのでお手紙の確認忘れも減って良いです。

 

ノースフェイススモールデイ

写真のように以前のモデルですと、名札の紙を差し込めるようになっていました。
最新のデザインですとリュックに縫い付けてある名札に名前を直接記入するようになっています。

 

ノースフェイススモールデイ

背中の部分は、通気性の高いパッド入りのエアメッシュバックルでクッションがあり、水筒など少し硬いものが入っていても違和感なく背負い心地が良くなっています。

リュックのベルトは、長時間に背負う時や走ったりする時などには、ショルダーハーネスやウィングウエストベルトが備わっているので、リュックとカラダをしっかり固定してくれるので重さを軽減して背負あい続けることができます。

チェストストラップには、緊急時に使用可能なセーフティホイッスルバックル機能が装備されています。
子どもは、笛を吹くことが楽しくて気が付いたときはずっと吹いてました。

ノースフェイス スモールデイは、2歳から小学校低学年くらいまでは使用出来る15Lサイズですので、2歳の時には少し大きいかなと感じますが、それがまた後ろから見るとリュックが歩いているみたいで可愛らしく感じるデザインなのもうれしいです。

2歳から5歳までの4年間毎日使うバックとして、しっかりとした作りであるので丈夫でコストパフォーマンスも非常に高いです。

子どもたちの成長に合わせて、小学生になってからも遠足や長期休みの習い事時などにも使えます。
小学生のランドセルと変わらないほどの長い期間で使うことができるノースフェイス スモールデイです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

保育園登園用バックは、0~1歳は間口が大きく開くトートバックタイプがおすすめ。
2歳以降は、自分でバックを持ちたがり歩きやすいリュックタイプが良い。
アウトドアにも使用できる丈夫さと軽さを備えた子どもたちが背負いやすい工夫が多いリュックです。
ノースフェイス スモールデイは、2歳から小学生低学年まで長期間使用できるちょうど良いサイズ感で、コストパフォーマンスが非常に高いリュックです。

ノースフェイス スモールデイは、旅行で子どもたちの着替えやおやつを入れて持たせても便利です。
子連れ旅は、沖縄石垣島がおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事