【波照間島フェリー】乗船する際に心がけること

日本最南端の有人島「波照間島」への行き方は、船でのアクセスのみになり、石垣島~波照間島間の定期航路を運航されている会社は1社のみです。

波照間島航路は、波の影響を受けやすく海上時化により欠航してしまうこともあります。
乗船する際に心がけることをしっかり学んで旅の準備をしましょう。

スポンサーリンク

日本最南端の波照間島

波照間島は、日本の有人島で日本最南端になります。
(日本の領土では沖ノ鳥島です)
八重山諸島の南に位置し、石垣島から船で60分~2時間半にてアクセスできます。

波照間島の2大観光目的は、「ニシ浜ビーチ」と「日本最南端の碑」である。

ニシ浜ビーチは、日本のビーチランキングで常に上位ランクされる絶景である。
ビーチへのアプローチで坂道を下りハテルマブルーと言われる独特の色の海が見えた時は感動です。

日本最南端の碑は、島の南側に位置し断崖が険しい高那崎にあります。
最南端の記念碑は、1970年に旅行中の学生と島民が制作したものであり、手作りの浸しみやすさからか日本の端にいることを一層に実感させてくれます。

ここをバックに北向きに叫べば、日本中へ伝えることができるかも。

波照間島のおすすめ観光地のご紹介をどうぞ

波照間島航路はなぜ欠航することが多い?

なぜ、波照間島航路のみ欠航便が多くなってしまうのでしょうか?

八重山諸島の海域は、サンゴ礁が造りあげたバリアリーフによって守られている内海と風・波の影響を直接受ける外洋に分けられます。

波照間島航路と西表島上原航路(鳩間島航路を含む)は、石垣島から出航すると内海の航路から外洋の航路へ出て航行しており、波の影響を受けやすくなり欠航便がでることがあります。

波照間島は、石垣島から航路途中にある西表島のバリアリーフよりも大きく離れた航路を航行する為に、風向きに関係なく強風による波の影響を受けてしまい季節に関係なく欠航便が出やすくなります。

特に南向きの風では、島によって遮られることなく遥か遠くからのうねり波も影響を受けてしまう。
その為に台風が離れた南海上にある場合でも波照間島航路のみ欠航と言うこともあります。

また、沖縄地方の梅雨明け前後の2週間程度(平年6月中旬から7月初旬頃)は、季節風の南風(カーチバイ)が強く吹く時期であり、欠航便が多く発生し終日欠航の日が続いてしまうこともあります。

スポンサーリンク

波照間島航路の乗船準備

メール配信登録

波照間島航路の運航か欠航かの判断は、当日の朝6時過ぎに決定され運航会社の安栄観光ホームページ内に掲載されます。
天候により判断が難しい場合は、出航予定時間の1時間前に判断が持ち越されることもあります。

運航会社より運航判断をメールにて受け取ることが可能で、乗船日程が近くになりましたら運航会社のホームページより登録しておくと良い。
(登録解除もホームページにてすぐにできる)

過去データを参照

旅行スケジュールが考える上で参考にできる過去データとして便利なのが、波照間航路も含めた全航路で過去の運航状況(2016年4月1日以降)を安栄観光ホームページ内にて確認ができる。

アドレス(http://www.aneikankou.co.jp/timetables?date=2020-04-04)の最後の日付部分を直接変更すれば、確認したい日付を表示されることができます。

天候による過去データですので参考にする程度にはなりますが、季節的な運航状況を考えるには利用しても良いです。

当日と翌日の天気予報を確認する

波照間航路の最終的な運航判断は、当日の風力・風向き・波で判断される。(天気ではない、雨だから欠航とかではない)

天候で参考にしたいのは、気象庁石垣島地方のホームページです。
1日に午前6時、午前11時、午後5時の3回最新の予報が更新されます。

午前6時では、当日と翌日の予報。
午前11時と午後5時では、当日、翌日、翌々日の予報が出されます。

確認する際に天気だけを見てしまいそうですが、波照間島への乗船予定時では 風向きと波 を特に確認しておくことが必要です。

乗船のおすすめ

乗船予約

波照間島航路の乗船券は、当日に石垣港離島ターミナル内の運航会社カウンターにて購入できます。
ネット予約でお得に乗船することができます。

 

船酔い対策

船に弱い人は、船舶後方の真ん中席がおすすめです。
船舶は、中心やや後方を起点にしながら前後左右に揺れ波を受け流し航行していきます。
揺れの起点付近の座席が、比較的揺れが少ないと言われております。

船舶内への乗船案内は、乗船券購入済者から桟橋へ並んだ先着順での案内になっておりますので、出発予定時間30分前には乗船券購入を済ませておきたいです。

子どもたちも飲める酔い止め予防薬は事前準備がおすすめです。

まとめ

日本最南端の有人島「波照間島」への航路は、欠航便がでることがある。
過去データ、天気予報をチェックし、当日は運航状況メールにて旅のスケジュールを管理しましょう。

日本の端の島にて最南端の碑とニシ浜ビーチの絶景に感動しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事