【海街気分を味わう】堤防で日向ぼっこもできる八島公園

海の街を舞台にしたテレビや映画では、堤防でのおしゃべりや日向ぼっこなど日常的なシーンを良く観ます。
海沿いの街に住んでいる人には普通な情景ですが、内陸に住んでいる海があることが日常では無い人にとってみると、堤防に登りゆっくり海を眺められることは憧れであったりします。

八島公園隣の堤防は、階段があり堤防も2段階になっているので子供たちも安心して登れるので海街気分を堪能できます。

スポンサーリンク

堤防で日向ぼっこ

公園より道路を挟んですぐは海になっており、間に堤防が続いております。
堤防は、2段になっており1段目は階段で登れ遊歩道のようになっております。
側面には小学生が描いた海の絵が描かれているので楽しい気持ちにさせてくれます。

堤防上段の上面は幅が50cmくらいありますので小さい子どもが座ることもできます。
目の前の青い海を眺めながらのおやつや日向ぼっこは最高に気持ち良いです。

堤防の下は波消しブロックが並べられていますので落ちないように注意が必要です。

堤防上

石垣島のレンタカー

八島公園へのアクセス

八島公園へのアクセスは、石垣島から八重山諸島への起点になる石垣港離島ターミナルより車で約5分です。
国道390号バイバス線沿いにある真栄里公園と海に面している真栄里駐車場の間を海側へ進んだ場所になります。

駐車スペースは、10台くらいですが空いている公園ですので駐車しやすいです。

スポンサーリンク

八島公園の遊具

公園遊具は、小さい子供たちも遊びやすい低めの高さのコンビネーション遊具があります。
滑り台がトンネルになっているのも楽しさが増します。

気に入った遊びを繰り返す子どもたちには、階段ー滑り台、階段ー滑り台のループが楽しい遊具です。

コンビネーション遊具

ブランコは、細めのチューブに座るタイプで少し大きめの子どもたち向けになります。

ブランコ

遊具のすぐ隣にテーブルとイスがあるので、ママパパはゆっくり子どもたちを見守れます。
遊んだ子供たちのおやつ休憩もできます。

テーブルベンチ

小さいトイレも設置はされています。
狭いトイレですのでどうしてもの緊急用で利用する感じで考えると良いと思います。

トイレ

水道がしっかり設置されているのは安心です。
手洗いや子どもたちが裸足で遊んでしまった際にしっかり洗えるのは嬉しいです。

水道

 

まとめ

八島公園は、市街地にありアクセスが良く、小さい子どもたちが遊べる遊具が設定されている。
隣の堤防では、ただの堤防ですがそれがまた海街の日常的な雰囲気を味わえる。

目の前は南国の青い綺麗な海が広がり、子どもたちのおやつタイムとして至福な時間を堪能できる。

石垣島のレンタカー

スポンサーリンク
おすすめの記事